FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

一年の計は元旦にあり

  • Post on 2019.01.17 09:58
  • Categry : 山岡BLOG
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
新春の候、皆様ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
今年は例年にない寒さとのことですが、皆様いかがお過ごしですか。

大手町支社 営業の山岡です。
今年も宜しくお願いします。

本日は
「一年の計は元旦にあり」
について書きたいと思います。

「一年の計は元旦にあり」の由来としてあげられるのは、中国の明代に憑慶京という学者によって著された書物「月令広義」です。

「月令広義」は中国の伝統的な年中行事やしきたりが解説されているもので、そのなかに「一日の計は晨にあり、一年の計は春にあり」という一文が記載されています。

晨は「あした」と読み朝のことを指すもので、朝と書くこともあります。
春は正月を意味していて、全体では、1日の初めである朝や一年の初めである正月にこそ計画を立てるべきである、という戒めです。

なお一日は「いちにち」や「ついたち」ではなく、「いちじつ」と読むのが正解です。

「一年の計は元旦にあり」の由来である「一日の計は晨にあり、一年の計は春にあり」のあとには、
「一生の計は勤にあり、一家の計は身にあり」という言葉が続きます。

全体では初頭に設計立てることで日々の充実度が決まり、勤勉に働くことで一生が決まり、健康維持によって一家の行く末が決まるという意味合いになります。

このなかの「一日の計」「一年の計」「一生の計」「一家の計」を合わせて「四計」といい、よき人生の設計に欠かせない大切な計画とされているものです。

「一年の計は元旦にあり」のもうひとつの由来としては、毛利元就が語ったとされている「一年の計は春にあり、一月の計は朔にあり、一日の計は鶏鳴にあり」があります。朔は「ついたち」と読み、月初めの日のことです。

また鶏鳴は「けいめい」と読み、鶏の鳴き声のことから一番鶏が鳴く早朝のことを指す言葉です。

毛利元就の言葉は、1年、1月、1日それぞれの最初のときこそが計画を立てるべきときであるということを言ったもので、何事も最初が肝心であるという戒めを意味しています。

「一年の計は元旦にあり」の類語は、「一日の計は朝にあり」です。
由来の項で紹介した「一日の計は晨にあり、一年の計は春にあり」の前半部分を言い換えたもので、その日一日に行うべきことは朝のうちに計画しておくべきということです。

現在でも成果を挙げる仕事法として、朝一番にその日の仕事をリストアップすることが勧められているように、「一日の計は朝にあり」は普遍性を持った言葉といえます。

上記を踏まえ、
初詣に行って来ました。

東京のへそ、
大宮八幡宮。

1,000年の歴史があります。
IMG_5492.jpg 

人混みが嫌なため夜に参拝
 IMG_5496.jpg 

おみくじは中吉でした
IMG_5499.jpg 

神の教は意味深でした
IMG_5501.jpg 

初詣後の露天風呂とサウナは最高でした
IMG_5503.jpg 

私はA型で手帳にビッチリ計画を立てるタイプなので、
計画を立てるのは割かし好きです。

週単位や月単位の計画は今までして来ましたが、
1年を通しての計画はまだしたことがないので、
正月にある程度してしまおうかと考えております。

あなた様の今年一年のご多幸をお祈りいたしております。

過去山岡BLOGは下記URLまで
http://tempoupshutoken.blog.fc2.com/blog-category-4.html
スポンサーサイト

『今年最後のゴルフ』

  • Post on 2019.01.04 09:25
  • Categry : その他
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)

明けましておめでとうございます。

昨年はおかげさまで最高の年となりました
これも全て、こんな私に関ってくれた人のおかげでございます。
この場をお借りして、お礼申し上げます。
ありがとうございました


そんな私が、有馬記念で玉砕し打ちひしがれる心を癒すべく、
今年最後のゴルフへ行って参りました。


①


思ったよりも寒くなく、天候にも恵まれ、

日ごろの鬱憤をゴルフボールに晴らすべく、
朝3:30に起き、富士山の麓までやって参りました


②


スコアはともかく、バーディも取れ、ニアピン賞もGetし、

楽しい時間を過ごして参りました。

その後、予約していた老舗の鰻屋で鰻のフルコース?を堪能。
心もお腹も満たされ、とても有意義な一日でした


③


今年は、昨年を上回る年にするため、片道1時間半かけて、

大手町支社に異動して参りました!
初心忘れるべからず、何事にもチャレンジして、1年後に

「今年も最高の年だった!」と言えるよう
精進して参ります。

今年も宜しくお願い致します。          


江田


年末年始のご案内

  • Post on 2018.12.28 13:16
  • Categry : その他
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)

本年は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
来年も皆さまにご満足いただけるよう邁進する所存でございますので、

変わらぬご愛顧を賜わりますよう、よろしくお願い申し上げます。


年末年始の営業日は以下の通りです。

12月28日(金) 12時で営業終了
12月29日(土)~1月3日(木) 休業
1月4日(金)より通常営業


なお、休業中の担当者へのご連絡は、各自携帯電話にて承っております。

皆様、よいお年をお迎えください。


nennga.jpg


大手町支社

マイケルの森へようこそ! Vol.22

  • Post on 2018.12.04 16:13
  • Categry : マイケルの森
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)

Hi, there!
We moved the office from Uchikanda to Ōtemachi this October.
Herewith, my Uchikanda brog data was entirely disappeared.
Therefore this time let me explain our CCD services again.


Tempoup CCD
(Commercial Consulting Division)

In recent years, the retail and specialty store market in the city centers of Japan has seen remarkable growth in business from foreign visitors (often referred to in Japan as “inbound” business). Among these visitors, we foresee an increase in cases of those who first come to Japan simply for sightseeing and shopping and then fall in love with the country, and further become inspired to do business here.

On the other hand, with advancing globalization of the world economy, progressive Japanese brands and businesses are becoming more and more active in overseas expansion.
Tempoup Commercial Consulting Division (CCD) has expertise in the areas of logistics, retail development, international business, and commercial consulting, and is a trusted partner to both “inbound” and “outbound” businesses with an extensive range of support services.


sb124.jpg


Tempoup CCD offers services in the “8 Ps + F” of marketing with a strong core in branding strategy. We put particular emphasis on assisting overseas brands and foreign entrepreneurs and investors in developing their business in Japan, providing support in business startup and real estate investment procedures. We also offer similar services to Japanese brands going overseas.


Global Brand Consulting
Site Location and Business Development Consulting for Global Brands

As your global brand representative, Tempoup CCD designs and performs more effective site location development, branding, creative & marketing, business development, and sales & promotion activities that based on branding strategy.




Global Business Network Consulting
Store Development for non-Japanese

Store operation, including restaurants and food outlets, is one of the easiest businesses for a foreign national to run in Japan. However, aside from obvious barriers posed by language and cultural differences, there are many hurdles for a foreigner to actually start a business, such as credit issues, location selection, and difficulty in signing contracts for real estate and construction. If you are in this situation, the experts at Tempoup CCD offers a one-stop service in all of these matters, providing solutions to start making your dream a reality.


Primary Clients

We work with businesses in all different fields, ranging from restaurants, retail and services.


Contact Information

“Ted” Sasaki, Creative Director
Tempoup Inc., Commercial Consulting Div.,
〔Ōtemachi Branch Office〕The Yomiuri Shimbun Building 1st Floor, 1-7-1, Ōtemachi, Chiyoda-ku, Tokyo, 100-8055, Japan
Mobile. +81 070 5590 7032


See you soon then!
m.sasaki@tempoup.jp www.tempoup.jpCCD 佐々木



こんにちは!

  • Post on 2018.11.13 11:46
  • Categry : その他
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)

今回は、大手町支社のまわりを少しご紹介します


大手町支社のお隣はおしゃれなベーカリーカフェになっています

「CAFE STUDIO BAKERY+Ploom TECH」

カフェは日本たばこ産業(JT)の加熱たばこ

「プルーム・テック」を展示・販売していてプルーム・テックに限り

店内で吸うことができます。


朝8時より営業で朝食メニューもあります

IMG_2485 (002) IMG_2487.jpg


IMG_2489.jpg IMG_2488.jpg


徒歩10秒でおいしいパンとコーヒーが買えるのでめちゃくちゃ便利です     


ランチ時になると向かいの東京サンケイビル前に

キッチンカー(移動販売車)が来てお弁当を販売しています

https://www.w-tokyodo.com/neostall/space/metrosquare


IMG_2494.jpg   IMG_2496.jpg


出遅れるとあっという間に行列です

天気のいい日は外で食べるのもいいですね

この日は、イベントも行われていてフランダンスショーをしていました。

なんだか、寒そう・・・

IMG_2505.jpg IMG_2502.jpg


お近くにお越しの際はいろいろ散策してみて下さい



△ Move to top of this page